ジャイ吉の出会い系アプリ体験レポ

1300以上の出会い系アプリを使い倒した管理人が「出会い」の実態を語る!

*

警察官が出会い系アプリで未成年と出会う理由とは?

      2017/09/19

警察官の出会い系アプリ

警察官が未成年と淫行!
警察官が未成年と売春?

最近のニュースで警察官が未成年の女の子と売春をして逮捕されるというニュースをみた。
警察官も人間なんで犯罪もおかす事もあるでしょう。ってそんな簡単な話ではない。
管理人の先輩に凄腕の警察官がいるのでその人に話を聞いた所めちゃくちゃ面白い話を聞く事ができた。
売春していて未成年の女の子を補導して蓋を開いたら、出会い系サイトを使っていた。しかもどの出会い系サイトを使ってどのような手口で募集していたかまで詳しい事が捜査にあたった警察官はわかってしまうのは当然のこと。

■覚醒剤をやる警察官と同じ感覚?

話はズレるけど、覚せい剤の取締を担当していた警察官が実際に覚せい剤を使って逮捕されるのは良くある話だという。

逮捕されたのは覚せい剤をやめられなかった容疑者…。
警察官は覚せい剤をやるとどうなるのか?という事情聴取をするにつれて「覚醒剤はそんなにすごいのか?」実際にやったらどうなるのだろうか?と興味本位に手を出す警察官もいると聞いた。

・出会い系で未成年に手を出すのも覚醒剤と同じ!

買収して逮捕した容疑者から「中学生というプレミア感が」「未成年の体に興奮した」なんて話も聞く。
興味のわいた警察感は未成年の体はそんなに良いのか?と実際に手を出して逮捕されてしまう。
まさに禁断の果実ってやつだ。。

警察官はどうやったら未成年と出会えるのかの詳細を把握しているのだ。

しかし未成年は絶対にダメだ!ダメな理由はイマイチ良く分からないけど。
その辺は青少年の教育に良くないってことでまとめておく。

■警察官はどうやったら未成年と出会えるかを知っている!

そして実際に出会っている方法を知っている。

警察官も人間だ!警察官の中にもモテる人や全くモテないデブもいるだろう。暇な休日に彼女がいないのであれば出会いを探すだろうしそれは職権乱用でもない。多いに使ってもらって問題ないと思っている。知らぬが損と同じ。本当に出会えるサイトやアプリを知らない人が損をしているのと同じ。

しかし未成年との出会いだけは絶対にやめろ!と警察官には言いたい。
警察の不祥事をこれ以上増やしてどうする?

あなた達警察官の役目は悪質出会い系アプリに騙されている人を救い、詐欺業者を逮捕する事が仕事ではないのか!!(他にもたくさん事件はあるが…)

警察官でも出会い系で異性と出会って結婚するケースもたっくさんある。
しかし詐欺出会い系アプリに騙されるケースはそんなに多くないと聞く。

それは捜査の中で本当に出会えるアプリを知っているという事も大きいのかもしれない。

この夏は悪質出会い系アプリに騙されている人を救ってくれ!と願う管理人ジャイ吉であった。

■おすすめは「ハッピーメール」アプリ!

出会いのハッピーメール リアルな異性との出会いを求めるなら安心安全はあたりまえのハッピーメール!
ハッピーメールは「運営17周年」の実績!ハッピーメール運営者は出会いを提供する許可を得ているので全面的に男女の出会いを紹介してくれる。
詐欺出会い系アプリのように出会いを禁止してユーザーからお金を奪う事しか考えていない悪質アプリとは180度違うのだ。
サクラもいないから迷惑メッセージも来ないのも安心できる。ハッピーメールは我々会員が安心して出会える為にアプリを運営しているのだ。
悪質出会い系アプリのようにお金だけを奪う事しか考えていないアプリとは本当に違う!通称ハピメはユーザーに出会いを提供する事を一番に考えているアプリだ!

ハッピーメール出会いアプリ
ハッピーメールアプリ無料DLはこちら

i-osでダウンロード

i-osでダウンロード

■「Jメール」アプリも外せない!

出会いのJメールでマッチング

Jメールは今年で18周年!出会いを提供し続け、
会員数も600万人を突破。 女性会員を集めるために街頭ティッシュの配布、都心部での巨大バルーンを設置!
トラックでの宣伝活動も行っており女性への認知度も抜群。
また、24時間対応のカスタマーサポートもあり、安心してオススメできるアプリだ!
20代、30代を中心に社会人やOLが多いのが特徴だ!

出会いのJメールでマッチング

Jメールアプリ無料DLはこちら

i-osでダウンロード

i-osでダウンロード

 - 出会いアプリ, 出会い系マメ知識